自分のデザインしたキャラクターをステッカー印刷【おすすめの方法】[Photo And Production]

宣伝やインテリアとしても

お店や企業をアピールできるステッカーは、作成する方法を選ぶことによって、宣伝を効率よくおしゃれにしてくれます。宣伝目的でステッカーを印刷業者に依頼する場合、透明ステッカーと屋外ステッカーではどんな違いがあるのでしょうか?比較してみました。

透明ステッカーと屋外ステッカーの比較

透明ステッカー

透明ステッカーはシールが透明なので、文字やデザインを目立たせたい場合に向いています。耐久性や耐水性にも優れています。

屋外ステッカー

屋外ステッカーは外向けにステッカーを貼りたい場合に向いています。耐久性が強いので場所によって異なりますが、貼ってから最低2年ほど持ちます。ですが、貼ったり剥がしたりしにくいデメリットもあります。

シール

小ロットで激安印刷も登場

ステッカー印刷はプロに頼んだほうが仕上がりが美しく、耐久性の強い満足のステッカーが作れます。近年はインターネットから発注するだけで簡単に安くスピーディーに印刷できる業者が増え、とても人気を集めています。特に小ロットに対応してくれるところがほとんどなのが嬉しい点でしょう。5枚程度から注文することが出来ますので、個人利用にも便利です。加工もシートも選べて、屋外での使用にも耐えられるUVカットラミネート加工なども可能です。

発色が良くサイズも豊富

ステッカー印刷を業者に頼む理由は、発色の良さにもあります。家庭用プリンターより高価な機器で印刷されますので、フルカラーで非常に鮮やかな色合いに仕上げることができるのが魅力でしょう。また、用紙のサイズも大判に対応可能ですので、好きなサイズを指定できるのも嬉しい点です。そして、自由な形にカットしてもらえるのも大きなメリットです。指定したサイズに1枚ずつ切り離して納品してもらうこともできますし、ハーフカット加工にすれば使うときに1つずつ剝がして使うこともできます。

早速申込むには

ステッカー印刷を業者に申込む場合、インターネットから依頼する業者のwebサイトにアクセスし、注文するのが一般的です。詳細はそれぞれの業者で異なりますので、申込方法を確認しましょう。まず会員登録を行うところが多いので、無料で登録します。デザインは自分で作成することもできますが、無料で使えるテンプレートが用意されているところも多いです。簡単にその場でデザインできるサービスや、制作ソフトの提供を行っているところもあります。種類やサイズ、カラー、部数、納期などを選んで注文し、支払いをすれば完了です。クレジットカードや銀行振込、コンビニ払いなどにも対応しています。

データ入稿したい場合は

自作したデザインデータを入稿する場合は、注文時に完全データをアップロードするのが一般的です。入稿可能な形式には指定がありますので対応が必要です。より確実にチェックしたい場合は、オートではなくオペレーターがチェックするサービスを行っているステッカー印刷業者を選ぶと良いでしょう。

広告募集中